オタクの出会い・婚活ABC

オタク専門結婚相談所 ~ オタク婚活・出会いの場

●オタク専門結婚相談所の登場


婚活ブーム以降、結婚相談所を利用する人は女性を中心に増え、今や結婚相談所全体の6割以上が女性会員というデータもあります。
結婚相談所というと、かつてはどこか胡散臭い(?)イメージが強かったですが、最近は明るいイメージが広がり、「効率的に結婚相手を探したい」という人の利用が広がっています。

そんな中に登場したのが、オタク専門結婚相談所。
もともとアニメグッズなどを販売していた高い知名度の会社が始めたということもあり、オタク界隈ではちょっとしたニュースになりました。
オタク専門を謳う結婚相談所は数えるほどしか存在しませんが、そもそも結婚相談所での出会いとはどんな感じなのでしょうか?

●結婚相談所の基本的なシステム


テレビCMや雑誌、ネットなどで大々的に宣伝をしている独立系の大手結婚相談所(結婚情報サービス)とは異なり、大多数の結婚相談所は何らかの連盟・団体に加盟しており、その全体の会員数は数万人規模となります。
その結婚相談所が連盟に加盟していれば、同じ連盟に入っている他結婚相談所の会員とお見合いができるので、お相手候補は多数存在します。

会員には自分専用のマイページが与えられ、お相手検索やお見合いの申し込みを、好きな時に自由に行えます。
お見合いの申し込みは結婚相談所のアドバイザーが取り次いでくれ、お見合い成立となれば日時や場所を決めていくことになります。

お見合いで使われるのはもっぱらホテのラウンジ。
席予約ができるホテルラウンジでは土日になると、お店のあちこちでひっきりなしにお見合いが行われているという光景も珍しくありません。

お見合いの末、両社がお互いを気に入れば交際成立。
連絡先交換が行われ、3か月程度の期間、自由に交際をしていけます。
交差期限が近づいたタイミングでお互いの意思確認。
それぞれが結婚に向けて前向きになったら退会。その時点で成婚料が発生します。

●結婚相談所で生まれるお見合い格差


数万人規模の会員の中から自分好みの相手を見つけようとした場合、マイページで条件検索をして候補を絞り込むという作業になります。
結婚相談所のシステムでは細かな検索条件が指定できる分、絞り込みは厳しくなりがち。
男性の場合は年収、女性の場合は年齢で選別される可能性が高い傾向があります。

オタク婚活パーティーやオタク婚活サイト以上に、結婚相談所には結婚への真剣度が高い人たちが集まります。
そのためどうしても、条件ありきのお相手探しという側面が強くなるのは致し方がないことです。
このことにより、せっかく結婚相談所に入ってもお見合いがなかなか組めない、逆にお申し込みが殺到するといったお見合い格差が生まれやすくなります。

●結婚相談所で出会いの確立を上げるコツ


年収や年齢といった自分では変えようのない項目はともかく、お見合い成立の確立を少しでも高めるためには、プロフィールの書き方は重要です(オタク婚活サイト以上に)。

顔写真はもちろんマスト。それも家の暗い照明の下ではなく、フォトスタジオできちんとした写真を撮ってもらいましょう。
またプロフィールには仕事のことや将来の展望など、結婚への前向きな気持ちが伝わるような内容を書くことも大切です。

正直なところ、結婚相談所においてオタク趣味があることは、マイナスに捉えられる風潮はいまだに強く、相談所によってはオタク趣味を隠すことを薦められることもあります。

また自分自身がオタク専門の結婚相談所に入ったとしても、連盟のネットワーク内でお見合いを組む以上、相手はオタク趣味を持っていないケースの方が多いでしょう。

必要以上に自分のオタク趣味を隠すことはありませんが、オタク専門結婚相談所の場合、「オタク相手を探す」というよりも「オタク趣味を理解してくれるパートナーを探す」つもりで利用する方が得策です。