オタクの出会い・婚活ABC

2.オタク婚活、まずは気楽にスタート!

●ぼっちは、ちと寂しい…そう感じたら、オタク婚活はじめよう


テレビや動画サイトで今期の作品をつぶさにチェック。
週末にはオタクイベントやアキバへ繰り出して買い物。
好きな作品に囲まれて過ごす至福の時間。
プラモやゲームに没頭する自分だけの時間。
たしかに楽しい、いや楽しすぎるはずです。

ですがふと「なんか、ぼっちは寂しいかも」と感じたら、あなたにとってのオタク婚活適齢期がやって来た証です。

オタク婚活パーティー、アニメコン、オタク婚活サイト、オタク専門結婚相談所…リアルからネットまで、今やオタク婚活できる環境はかなり整ってきています。
それに伴い、オタク婚活を始める人も増加中。
オタク趣味を隠さず、一緒になって楽しんでいるカップルがあちらこちらで誕生しています。
もしオタク婚活に興味が湧いて来たら、その波に乗って気楽にはじめてみましょう。

●“婚活”と力みすぎず、まずはオタク彼女・彼氏をつくるつもりで


オタク婚活も“婚活”の一種なので、一般的な婚活同様、将来的に結婚できる相手との出会いを探す行為、ということになります。
ですがあまりに“婚活”と意識して気負いすぎると、うまくいかなくなります。

“婚活”と強く意識しすぎると、自らを余計な緊張感で縛ることになります。
「婚活なんだからこういう話しなきゃ」
「婚活なんだからこういう風に振る舞わないと」
などと、自分を窮屈にすることにつながります。
これでは疲れるばかりで、本来の自分の良さも相手に伝わりません。

また婚活はどうしても、相手を減点法で評価することにつながりやすいです。
「趣味は合うけど、清潔感がイマイチ」
「年収は高いけど、顔がちょっと」
といった具合です。
婚活において負のスパイラルに陥る一因は、このような相手の見立てを続けてしまうこと。
人間は立体的なものであり、良い面悪い面が共存しているのが普通です。
相手のいいところを見つけようという姿勢がなければ、良い相手には出会えません。

たしかにオタク婚活を始めるわけですが、まずは楽しく一緒に過ごせるオタク彼女・彼氏や、異性のオタク友達を増やす感覚で、力まず・気負わず、気軽に始めることをお勧めします。

●共通点がある分だけ、オタク婚活はスムーズに運びやすい


婚活に限らず誰かと新しく出会う場面では、会話をすることが必須となります。
相手のことを知り、自分のことを知ってもらうには、コミュニケーションを取らなければ始まりません。
とは言え婚活パーティーに初挑戦、といった場面ではそれがプレッシャーの元になるものです。
緊張しすぎて結局誰とも話せなかった…という失敗談もよく耳にします。

ですが普通の婚活と違いオタク婚活は、“オタク趣味を楽しむ者同士”が集まります。
これはあなたの婚活を、非常にやりやすくしてくれます。
会話に困っても、オタク趣味の話をすれば距離が近づくからです。

ジャンルや深さは違えど、同じオタク趣味を楽しむ人なら言葉が通じますので、いちいち「は?」と聞き返されることが少ないです。
また周りには隠してオタク趣味を楽しんでいる人同士なら、オタク趣味を大っぴらにしていいシチェーションはとても気持ちよく、会話が途切れることもないでしょう。なにより“隠れオタク”という共通属性が二人の距離を縮めてくれます。

何にせよ共通項があるのは心強いこと。
ますはじめは相手を品定めするのではなく、気持ちよく会話ができるその時間を楽しんでいきましょう。
気持ちよく会話が弾んだ人同士なら、お互い自然に「また会いたい」というスイッチが入るはず。
そうやって楽しい時間を共有していきながら、お互いをよりよく知って仲良くなっていくことが、オタク婚活の理想的な進行パターンです。