オタクの出会い・婚活ABC

オタク婚活 初対面の壁を超える方法

オタク趣味を楽しむ人の中には「コミュ障で会話が苦手」という人も少なくありません。
ですがオタク婚活をする以上、相手とコミュニケーションを取っていくのは必須事項。
それには会話をしていく必要があります。
今回は「会話が苦手」という皆さんに、初対面での会話がちょっと楽になるコツをお伝えしたいと思います。

●初対面の人との会話は、実はラク


オタク婚活パーティーやアニメコンという場は、初対面の連続です。
「だから緊張する」という声もあるのですが、初対面の人との会話というのは、思ったよりしやすい面があります。
というのもお互いに相手に対する予備知識が無い・少ない状態なので、「知らないことが前提」で会話を進めることができるからです。

「知らないことが前提」なので、誰にでも通用する、極々基本的に話題で会話を進めることが出来ます。

・相手の名前
・住んでいる場所や出身地
・している仕事
・今日の天気に関すること
といった、当たり障りのないことで話を続けていけます。
しかも相手が変わっても、定番で会話を進められるパターンです。
ただし女性に対して、年齢を聞くのは避けましょう。(相手から聞いてきた場合は別)

●当たり障りのない話の中から、共通点を探す


といっても当たり障りのない会話にもコツはあります。
それは、「単調に繰り返すだけはNG」ということです。

「今日はどこから来たんですか?」「A市です」
「仕事はどんなことをされているんですか?」「事務です」
このような一問一答のやりとりになると、会話・質問のネタはすぐに尽きてしまいます。
そして、話題が膨らんでいくこともありません。

例えば
「A市から来ました」
と返ってきたら、
「A市っていうと、〇〇があるところですよね?」
という感じで、相手の答えにかぶせていくのです。
逆に自分がどこから来たのか聞かれた場合は
「B市なんですけど、来たことありますか?」
と言って返していきます。

こういったやり取りを繰り返していくと、案外何かの共通点は見つかるもの。
それが見つかったらチャンス。その点を深掘りしていけば、二人の距離はどんどん縮まっていきます。

●もし共通点がみつけられない時には・・・


会話を続けていても、いまひとつ共通点と呼べるようなポイントが見つからない・・・
そんなときには
「どんなアニメが好きですか?」
そう、オタクの話題を振るのです。
オタク婚活パーティーやアニメコンに来ているのですから、相手は少なからずオタク趣味をたしなんでいるはず。であればその部分が一番の共通点になります。これこそが、オタク婚活ならではのメリットです。
例え同じジャンルや作品ではなくとも、オタクであるという点でわかりあえる部分はあります。
ぜひこの最大のメリットを活かして、仲良くなれる共通点探しをしていましょう。